投資基礎編

大学生・初心者が投資を始めるときにおさえるべき6つのことについて完全解説!

こんにちはザコプラです。

今回は株式投資を始めたい人がこれだけはおさえておくべきというものをまとめました!

何をやればいいか分からない人はこの記事でまとめているものを参考にしてみてください。

順番に並べているので上から順番に見ていけば、あなたの株デビューもばっちりです。

とりあえず株とはどんなものかを知ってみる

Daniel RecheによるPixabayからの画像

何にも知識がないのは厳しいので、形はなんでもいいので知識を入れましょう!

例えば、どこかの原住民にバットとグローブを渡してもとんでもない使い方をする可能性があります。

なにも知らない人にはある程度の方法をレクチャーをすれば、大きく外れたことはしないはずです。

それと同じで株についてある程度レクチャーを受けておく必要があります。

これらの記事で株式とはなんなのか解説しているのでそれらも参考にしてみてください!

株ってなに?小学生でも分かる株式投資【投資基礎編】 投資をしているけど、ふんわりとしか株式について理解していない人はいませんか? 私も比較的最近までなんとなくでしか理解していません...
大学生こそ投資をすべき5つの理由!大学生の方で投資を始めようか悩んでいる人はいませんか?この記事では、大学生が投資を始めるべき5つの理由を紹介していきます。興味が出た人はご自身のお金の状況に合わせてぜひ投資に触れてみてください!...

人によって、実際にやってみた方が分かるという人もいるのでなんとなく分かったかも!と感じたら次のステップに進んでみてください。

慣れてみる


勉強してみたけど、まだ何となく自分のお金で投資をするのは損しそうだから嫌だ!という人はこのステップを試してみてください。

早く投資してみたい!という人は次のステップに進んでもらって大丈夫です。


今は株のデビューを少しでも身近なものにするために色々なサービスがあります。ポイント投資と言われるものでも数多く存在しています。

私が実際にやってみたものをいくつか紹介します。

楽天point club・ポイント運用

これは楽天pointClubのポイント運用です。

実際にお金を出すのではなく、買い物などをした際に貯まるポイントを使って投資をするサービスです。

バーチャル取引

DMM FXのデモ取引です。

これはFXで株とは異なるのですが、取引がどんなものか味わえます。

私がこれをしたのは本当に最初の頃で何もわからずすぐに辞めてしまいました。

これと比べたら、ポイント運用のほうがまだ株のような値動きをするので上で勧めたものがいいかもしれません。

証券口座を開設する

株式投資をするには証券口座を開設する必要があります。

証券口座とは、株を買うための口座です。

その口座にお金を入金して、そこで自分の持っている株を管理します。

証券口座を作れば、株の売買だけでなく今後利用することになるNISAやiDeco、ふるさと納税なども扱えるので損はしません。

証券口座を持っていることでかかるお金はないので、作るだけ作ってみても構いません!

私も口座を持っている会社をいくつか紹介しておきます。

SBI証券

SBI証券は国内でも最大手です。

証券口座はお金を預けるところなので、多くの人が信頼しているところのほうが色んな面で安心できます。

ここにすればまず間違いないです。

楽天証券

上のSBI証券に次ぐ大手です。

楽天証券はクレジットカードで積立投資をするとポイントがつくなどSBIとは違った良い点があります。

こちらも多くの人が口座をつくっているのでおすすめです。

Monex証券

Monex証券は国内の規模ではそこまで大きい方ではありませんが、外国株式の取引ツールが使いやすいので私は開設しました。

上の2つのいずれかで開設をして、外国株式の取引に興味があれば2つ目の口座としてつくればいいと思います。

NISA 積み立てNISA(ニーサ)

これから多くの人が利用していくであろう制度がNISA・積み立てNISA(ニーサ)です。

株で得た利益に対しては税金を払わないといけません。

仕事でもらえる給料に対しても税金がかかるのと同じことです。

しかし、1年間で決められた額までの取引に関しては税金がかからないという制度です。

20年先まではこのルールが適用されるので長期的な資産形成に向いています。

iDeco・ふるさと納税


これらは学生にはまだ利用ができない制度ですが、働き出せば使った方がいい制度です。

働き出すと忙しくて後回しになるかもしれないので、学生のうちに仕組みを知っておくと社会人になってからスムーズかもしれません。

すでに社会人のかたは可能なら始めることをおすすめします。

投資信託・ETF・個別株投資

いよいよ投資を始めよう!といきたいところですが、投資信託・ETF・個別株投資の違いを最後におさえておきましょう。
投資信託・ETF・個別株投資はそれぞれ違うものなので把握しておいてください。

投資信託

投資信託とは私たちが出して集まったお金で証券会社が株などを代わりに買うというものです。

証券会社のプロの人がお金を運営してくれます。

ここで重要なのはプロが運営するからといって必ずしも儲かるわけではないということです。誤解しがちですが重要なところです。

個別株投資

個別株投資ですが、要はある会社の株を買うだけです。

みなさんが知っているトヨタやソニー、アサヒなど色々な会社が株を発行しています。

ETF

最後にETFです。
ETFは証券会社が購入した株などをひとまとめの詰め合わせセットにしたものです。

この3つの違いは投資を始めるうちに段々と分かってくると思いますので焦らなくても大丈夫です。

まとめ

今回は初心者が株を始めるときにおさえておくべき6つのことについて紹介しました。

どれも株をしていく中で重要なものばかりです。

ちょっとずつ慣れていってあなたも投資の道を歩みましょう!