投資基礎編

投資初心者は何から始めるべきか解説!

投資を始めようと思っているみなさん、始めようとは思っているけど知識がないし困っている人はいませんか?

何から勉強すればいいか、何を参考にすればいいか全然分かりませんよね。

私も最初の頃はなんの知識もありませんが、1年程度続けているといろんな知識がついてきました。

この記事では私がこれまでに投資のためにしてきた勉強の方法について解説していきます。

これを読んでみなさんも投資の知識を武装していきましょう!

なぜ勉強する必要があるのか

Jan VašekによるPixabayからの画像

勉強と聞いてすこし嫌になった人もいないでしょうか?

勉強が好きな人はいませんよね。

これまで勉強していてこれなんのためになるのと感じるものがいっぱいありましたよね。

でも、投資や株の勉強はこれまでの勉強とは違い、あなたのお金に直結してくるものです。

減ることも当然ありますが、勉強することでお金が増やせる可能性があるのにそれをしないのは非常にもったいないです。

絶対にお金の学習はするべきです!

それでは実際にどんな方法で私が勉強してきたか紹介します。

これは勉強の王道ですよね。

私も株式投資を始めようと決心したのは書店にある本からでした。

メリット

本のメリットですが、情報が網羅的に乗っていて全てをくまなく学べることです。

ネットなどではページの都合上あまり情報を載せすぎると見にくいですし、本という形には劣ります。

初心者のうちは自分の情報の引き出しに型を作るためにやはり本は読んでおくべきです。

そこから足りない情報や分かりにくい情報は他で補っていけばよりグッドです。

デメリット

デメリットはとっつきにくさです。

本て大人になるとなかなか読まないですよね。

じっくり読む時間がなければ積読状態になってしまいがちです。

ただ、私も2〜3年前までは本はあまり読んでいませんでしたが、最近になって意識的に本を読むようにしています。

本は最初こそハードルがありますが、読めば読むほど自分の力になってどんどん読みやすくなります。

初めは軽いバーベルしか上がらなかったけど、トレーニングを繰り返すうちに重いバーベルも上がるようになるイメージです。

読書力にもトレーニングが必要だと実感しています。

サイト・ネット

現代人のみなさんはサイト・ネットが一番慣れ親しんでいますよね。

メリット

サイトの1番のメリットはお手軽さ・とっつきやすさですよね。

googleとかで適当に「株式 初心者」とか入れるとどうしたらいいのかなどたくさん情報が出回っています。

みなさんおそらく同じような悩みをもっていてそれを解決してくれるサイトがたくさんありますよね。

また、情報が新鮮ということも重要になってくることがあります。

本では執筆してから出版するまでにタイムラグがあります。

このような時代の変化が大きなときに少しでも早く情報が得られるのは強みにもなってきます。

デメリット

サイトのデメリットですが、情報の信憑性が低いということです。

私のような人が発信できるように誰でも情報発信ができる時代です。

ということはいい人がいれば、悪い人もいます。

自分がその株式をもっているから、その株をオススメしてみんなが買って上がってきたら売ってやろうと考えている人もいます。

また、善意で情報を発信していてもその情報が間違っていることもあります。

その情報が本当に正しいのか見極められる力をつけていくことが重要です。

Youtube

Youtubeも私がよく利用したサービスのうちの1つです。

メリット

Youtubeのメリットは分かりやすく解説されているものがあるということです。

映像で得られるイメージはとても強いです。

例えば、テニスを始めたいときに本を読んで「ラケットをもち腕を後ろにひいてボールに対して下から上の軌道で、、、」と書かれていいてもいまいちピンときませんよね?

スポーツではありませんが、ひとが喋っていたりイラストで解説をしてもらえることですんなり入ってくることもあります。

いろんなYoutuberがいるのでぜひ参考にしてみてください。

また、これは私のYoutubeの使い方ですが、音声でも分かるような動画があれば家事をしながら株式のニュースを得たり、勉強したりしています。

これも動画ならではのメリットですよね。

デメリット

デメリットですが、これもサイトと同じで情報の信憑性に劣ることです。

それぞれの主観で話していることもあり、絶対に正しいということはありません。

各自で情報を照らし合わせながら情報を得る必要があります。

まとめ

今回は主に本、サイト・ネット、Youtubeなどによる株式の勉強法について紹介しました。

それぞれどんなものがオススメかはまた別の記事にてまとめておきます!

みなさんもいろんな媒体で勉強してお金の知識を身につけていきましょう。

それではまた。