投資

資産運用を失敗しないために私が心がけている4つのこと

こんにちは、大学生のザコプラです。

投資を始めたいけど、投資を始めてみたけど失敗するのが怖いという人はいませんか?

私も最初のころはとにかく手探りで失敗しないかとても怖かったです。

しかし、色々投資について勉強していくうちにどんなものが失敗につながりやすいかについては段々と分かるようになってきました。

残念ながらこれをすればお金が手に入るということは分かりません。

ただ、これは多くの人が失敗しやすいということを今回は紹介していきます。

リスクについて学ぶこと

TumisuによるPixabayからの画像

まず、何より大切なのはあなたがこれからしようと考えている投資のリスクを知ることです。

投資を始めた多くの人は投資によって得られる利益の部分に注目してしまいますが、本当に注目してほしいのはリスクの部分です。

また、私は今何も投資をしていないから関係ないやと思ったそこのあなた!

実はただ、現金をもっているだけでも投資のリスクがあることを知っておいてください。

まず、まだ投資をしていない人が実はさらされているリスクについて解説します。

インフレリスク

インフレとは簡単にいうと物の価値が時の流れとともに上がり、逆にお金の価値が低くなっていくことです。

経済が順調に伸びている国では少しずつ物の価値が上がっていきます。

投資をすることでその企業が得た利益の恩恵を受けることができます。

しかし、日本はここ最近景気が停滞していてあまりインフレの影響はないのではと考える人がいるかもしれません。

ただ、視点を世界に向けてみると全体でみれば物の価値は上がり続けています。

日本はアメリカや中国といった国に取り残されている状態です。

アメリカなどに投資をすればアメリカの成長に少なからず追いつくことができます。

為替リスク

次に投資を始めようとしている人が知るべきリスクです。

まず、為替のリスクです。

具体的にはときどきニュースなどで流れる今は1ドル何円のようなものです。

為替はいろいろな要素が関わっており、こうなれば上がると明確にいうことができません。

投資をしているとよく全て米国株でいいですか?みたいな人をみますが、十分に為替のことを考えるべきだと私は考えます。

米国株に資産を集中するということは、ドルに資産が集中しているということです。

なかなか考えにくいですが、将来ドルの価値が円の半分になるというリスクを考えたことはありますか?

このようなシナリオがないとは言い切れません。

想定した上でのリスクは構いませんが、知らないリスクは非常に危険だと考えます。

投資先のリスク

最後に投資先のリスクです。

これはそれぞれの投資先の種類に分かれています。

株式投資であれば企業が倒産するリスクや株価が変動するリスク。

国債といわれる国が発行するものであれば国が破綻するリスクなどです。

投資したものがどれほどのリスクをもっているか知ることは非常に重要です。

資産を十分に分散する

上でリスクについて述べましたが、その上で必要になってくるのが資産を分散させることです。

有名な投資家の人で分散させることは自分が何に投資しているか分かっていない人がやることだといっている人もいます。

このことについてはまた別の記事にしたいと思いますが、私は分散するべきだと考えます。

自分の予測能力を過信しない

なにより未来の予測はほとんど意味をなさないというのが私のスタンスです。

この世の中はリスクにまみれています。

あなたは数年前にコロナがこれほど流行ると予測していましたか?

次に地震がいつくるか分かりますか?

微塵も考えていなかったことがこの世の中では起こります。

それがあなたの投資アイデアに降りかかる危険性はおおいにあります。

だからこそ分散して投資すべきだと私は考えます。

投資先についてはしっかりと勉強する

株式投資を始めたての頃にやりがちなのは、よく分かっていないのに投資してしまうことです。

あなたが投資をしようとしているものはどうしてあなたのところにお金をもたらすか分かっていますか?

私がやってしまったのは、とりあえず投資信託にお金を出したことです。

最初に投資した商品がどんなものか全く覚えていません。

赤の他人にお金をくれる人なんていないということをしっておきましょう。

初心者が最初に抑えるべきことを紹介しているのでこちらも参考にしてみてください!

大学生・初心者が投資を始めるときにおさえるべき6つのことについて完全解説!株式投資を始めたい人がこれだけはおさえておくべきというものをまとめました! 何をやればいいか分からない人はこの記事でまとめているものを参考にしてみてください。 ちょっとずつ慣れていってあなたも投資の道を歩みましょう。...

趣味としての投資と資産運用としての投資を分けて考える

これは少し投資をやり込んだ人に言えることかもしれません。

一個人の私の最近の考え方です。

いろいろな投資手法をみていると、全て分散投資にすべきだと言う人やある部分に集中投資すべきだと言う人がいます。

どれもある意味ではあっているし、それぞれの資産の状況では間違っていないと考えます。

多くの人に当てはまる資産運用は「分散と集中の使い分け」

よほどの資産家や一発逆転を狙っている人でない限り、資産運用の理想の形はやはり分散と集中の使い分けではないかと考えています。

これが最近たまに耳にするコア・サテライト分析だと思います。

資産運用の大きな部分は十分に分散させる、そして資産の小さな部分だけ個別の銘柄に分散する。

これが1番現実的な投資だと多くの書籍を読んで納得できています。

まとめ

今回は失敗をできるだけ減らすために私が心がけていることを紹介しました。

みなさんも投資で得られる利益の部分だけでなく、リスク・失敗の部分にも目を向けてみてください!

確実な資産形成を目指しましょう!

なお、この記事は特定の銘柄や商品の売買を推奨するものではありません。実際に投資をされる場合にはご自身の判断で行ってください。その際に生じた損益に関しては当ブログは責任を負いかねますので、ご了承ください。