投資

投資先の種類(株式、債権、コモディティー編)

こんにちは、ザコプラです。

今回はこれから投資を始める時にどんな投資先があるかを紹介します。

ざっくりとこれらの投資先があります。

  • 株式
  • 債権
  • 商品、コモディティー(金、銀、プラチナなど)
  • 不動産
  • fx
  • 暗号通貨

などなど、他にも探せばあるかもしれませんがよく使われているものはこれらです。

今回は上の3つについて紹介したいと思います。

株式

投資と言えばこれですよね。

株式とは会社などが発行した権利を市場で売買し、会社側はそれによって会社の運営を行います。

ですので、イメージとしては会社にお金を出資するという感じです。

例えば、身の回りの人が何か事業を起こしたいけどお金がない、そんな時に周りの人にお金を出してもらって事業を行う。

その時にもしかしたら全然事業がまわらずお金が返ってこないかもしれないが、もし一発当たればその事業で大きな収益をあげられて、あなたのところに貸したお金に+αで返ってくるかもしれないと言ったものです。

実際にはもう少し大きな企業に対して分析を行って投資をするので上記のように一発当てるイメージではありませんが。

株式投資への私のもつイメージは企業の株主の一員となって企業に代わりに働いてもらうことです。

これこそまさに資本主義で雇用者と労働者の関係がつまっているように思います。

普通に会社に勤めて働いているだけでは自分の時間を切り売りしているだけです。

しかし、株式を買うことによって企業を一部分ではありますが所有し彼らがビジネスとして稼ぎ出してくれます。

それらの稼ぎ出してくれた利益の一部を株価や配当として私たち株主は受け取ります。

短期売買などはこの概念が薄いように思います。

以前に短期売買への考え方というところで紹介しましたが、ギャンブルの要素が一般的には多いです。

本当にプロとしてしている方々はギャンブルではなく、理論があるとは思いますがそうではない人では本来の株式投資としての考え方ではないと勝手ながら想像しています。

特に日本では(他の国をよく知りませんが、、、)株をやっているというと、まるで腫れ物を触るかのように、ギャンブルにはまっているかのように接されることがありますが、それは株をやっている人がそうなのではなくそのように振舞う人の株への考え方がギャンブル的な思考に偏っているのだと思います。

これはその人が決して悪いわけではないと思います。

本屋でみる投資雑誌でも10倍株のような目をひくタイトルを売っていたり、一攫千金狙いましょうのようなネットの広告を見たりしますが、そのようなものがすごく煽っている気がします。

高校で経済の勉強などがありますが、すごく上部の説明しかなく本当の投資の面白さが伝えられていませんでした(株式の授業はそれなりに聞いてはいたはずと自負していますが、、、)。

自分で投資の勉強をするにつれて本来の投資の姿勢を学ぶことができました。

債権

債権はまだ株を始めたことがないひとはあまり馴染みがないと思います。

債権とは簡単にいうと、お金を国や企業に貸し出して利子をつけて返すというものです。

最初に定められた期間がくると基本的には元本は返ってきます。

ただ、例えば債権を発行した国や企業が破綻などをするとその分は紙屑になりますので注意してください。

これはあくまで私のイメージですが、定期預金の少し利子が高い版ですかね(間違っていたらごめんなさい)。

上記の通り元本が保証されていないからこそ少し利子が高いのだと思います。

債権は私の使い方としては株式ほどリスクを上げたくなく、株価が下がった時に売って株の購入に当てる現金に近いポジションです。

しかし、今回の暴落で株と同様に債権が下がったことでリスクヘッジになるか怪しくはなっています、、、。

しかし、株式onlyよりはリスクは低いということで分散しています。

債権の知識はこれくらいですかね、、。

もう少し勉強します。

コモディティー

コモディティーは金や銀、とうもろこし、原油と言った商品のことです。

実際のコモディティーとはおそらく商品先物のこととは思いますが、まだこの部分の私の知識が不十分なので多くは語らないでおこうと思います。

ただ、投資先としては私は金のETFも分散の一貫で所有しています。

債権と同じくコロナショックの際には金も債権も換金のために(株式などで支払いが追いつかず、株価が下がりにくい金などを売ってお金を作るため)同時にこれらも下がっていたため本当に分散の効果があるのか怪しいところではありますが、、、。

私が今持っているのは金(Gold)です。

金と言っても本物を買っているのではなくETFなので金が手に入るわけではありません。

しかし本物の金より同じ口座内で他の株式や債権と資金の移動をさせやすいのでETFにしています

将来的には貨幣価値がなくなることへのヘッジ(リスクヘッジ、分散)として本物の金;現物の購入を考えています。

まとめ

以上が私の株式、債権、コモディティーへの考え方です。

知識の偏りがありますが皆さんの投資の参考にしていただければ幸いです。

ただ投資は自己責任ですので、実際に投資をする際に生じた損失は責任を置いかねます。

皆さんには何かを決定する時には自分の頭で考えて決定していただきたいと思います。

それではまた。