投資

書籍紹介〜教養としての投資〜

こんにちは。ザコプラです。

今回は書籍紹介です。

農林中金の奥野一成さんが書いた「教養としての投資」です。

この本は私が米国株・長期投資に投資方針を大きく変えたきっかけとなった本です。本の題名的によくある自己啓発本かと思っていました、、、。

が、全くそんなことはなく長期投資の真髄が書かれています。

奥野さんのことを何も知らずこの本を読んでからいろいろ調べてすごい考え方の人だと思いました。日本人ではあまりみられない長期投資を推奨する方でした。

詳しいことはまた本を読んでみてください。

この本を読むまではfxをかじっており、投資方針が右往左往していました。個別株でもfxでも短期で値上がりを狙うトレーダーのようなことをしていました。

ただ、それは真の投資ではなく完全にギャンブルでした。

この本では真の投資家マインドについて書かれており、投資家の思想・行動が身につきます。投資とは優秀な企業の株主になり、企業の優秀な人材に代わりに働いてもらうことです。

この考え方は本当に眼から鱗で、短期売買をしている時は完全にこの視点が抜け落ちています。今、米国株を所有していますがこの本の指標をもとに株式を購入する企業を選んでいます。

やり方が定まりつつありますが、もう少し現地の情報を読めるようになれば自分で長期投資に見合う企業の選定を行っていければと思います。

ぜひ読んでみて欲しい本のうちの一つです。

それではまた。