米国株

私の米国株おすすめ銘柄!(2020年8月)

みなさん、米国株を始めてはみたもののどんな銘柄を買えばいいか分からないというひとはいませんか?

実は有名な企業が多くすごく馴染みのある企業も多くありそれほど難しいものでもありません。

実際私は今多くの有名な企業に投資しています。

この記事ではどんな企業が米国株にあって、どんな基準で私が銘柄を選んだか紹介します。

記事読み終えて実際に米国株を見てみると魅力的な企業が多くあることがわかると思います。

米国株にはどんなものがあるのか

米国株といってもどんな企業があるのかよくわかりませんよね。

でも、みなさんの身の回りには実は実は多くのアメリカの企業があります。

そんな企業のサービス・商品を買えば当然その企業の収益になりますよね。

であれば、その企業の株主になってしまえばそこから利益が得られます(当然、損失がでれば自分も損失は生まれます)。

実際にどんな企業があるのか見てみましょう。

アマゾン(AMZN)

アマゾンはみなさんがよく使っているサービスですよね。

言わずと知れた、ネットショッピングの企業ですよね。

あなたがなにかを買えばアマゾンに利益につながります。

ただ、実際のところこのビジネスはそれほど収益率は高くありません。

アマゾンの収益はネットショッピングだけでなく、AWS(Amazon web service)というクラウドサービスでも収益を上げています。

アップル(AAPL)

こちらも有名ですよね。

iphoneやimacなど数々のヒット商品があります。

日本人も多くの人がiphoneをもっていますよね。

自分がiphoneを買えばappleへ収益が向かいますが、アップルの株を所有していれば、その利益の恩恵にあずかることができます。

Google(GOOGL)

なにか調べたいことがあれば調べるのがgoogleですよね。

googleのメインの収益は広告です。

しかし、広告だけでなくさまざまな事業で収益をあげています。

ただ、どの事業でも我々にたいして確かな情報を提供するということを目的に運営されています。

どんな銘柄を選べばいいのか

いろんな銘柄があって選びきれないという悩みもあると思います。

最初は本当にどんな企業でもいいです。

そんな中でも一番いいのは身近な企業に投資をしてみることです。

たとえばある企業の株を持っていたとして、身の回りのだれかがその会社の商品を買ってくれたらなんとなく嬉しい気分になります。

投資がどんなものか分かるのが、初心者のうちは必要な経験だと考えます。

まとめ

以上、米国株の銘柄の選び方でした!

アメリカの企業は現時点では世界でも上位です。

マーケットも日本より非常に大きく魅力的な企業がたくさんあります。

日本からも投資ができるのでそれに投資しない手はないかなと。

もし口座開設して興味があればぜひチャレンジしてみてください。