米国株

米国株を買うおすすめのタイミング

米国株を始めたけどどんなタイミングで買えばいいか分からない人はいませんか?

今はコロナでごたごたしていて株なんて買うタイミングではないと思っているかもしれません。

今回は今米国株を買うべきかどうか考察していきたいと思います。

現在(2020/09/08)の状況

Free-PhotosによるPixabayからの画像

まずは現在の状況です。

この記事を書いたのは2020/9/8朝です。

米国市場は昨日はlabor dayのため休場でした。

先週、1週間の相場はざっくりいうと連日上昇をつづけていたところに6月以来の大きな調整(下落)があったところでした。

この下落がただの調整(短期の人はずっともたずに利益を確定させたいのである程度のところに売りにでます、そのほかにも要因はあります)か、ここから市場が大きく弱気になって下がり続けるのか現段階では分からない状況です。

米国株を買うべきかどうか

では、本題の今米国株を買うべきかどうかです。

結論から言うと投資スタイルによります。

人によって資産状況、獲得したい利益額、どれだけリスクに耐えられる性格であるかがそれぞれことなります。

ですので、一概に同じアドバイスでみなが成功する訳ではないと感じています。

ですが、もし大学生である自分が仮に今始めるとしたらどうするかは各投資期間・スタイルに応じて考え直してみたいと思います。

短期投資

短期での値上がりを狙うなら今の不安定な状況では私はどうするべきか分かりません。

上がるかもしれないし下がるかもしれません。

当たり前のことです。

どんなプロでもこの予測を当てることはできません。

数ヶ月前にあった大きな下落も二番底があると言われていましたが、まだ来ていません。

もしかしたら、くるかもしれませんし来ないかもしれません。

この上下の波を取りに行こうとするのはギャンブルに他ならないので私はおそらく短期としては買いません。

長期投資

次に長期投資です。

長期投資といってもいくつかのスタイルに分かれます。

それぞれについて考察していきましょう。

分散購入

分散購入は自分の手持ちのお金をある期間で割って少しずつ買っていくことです。

結論から言うと私なら買います。

例えば、今現在で手持ち資金が50万円あったとして来年の9月まで買い続けるとします。

そうすると50万円/12ヶ月で毎月約4万円ずつ購入をしていきます。

いわゆるドルコスト平均法というものです。

利益は大きくは上がりませんがこうすることでリスクを減らすことができます。

将来的にみて今現在の上下の動きは正直いうとなんの関係もありません(高値で掴みすぎると関係あるかもしれませんが、、、)。

長期的にみてあがりつづけるかどうかの方が重要で、さらにドルコスト平均法によってリスク分散させることが大切です。

気をつけて欲しいのはこれは長期的に上がり続ける可能性が少しでも高い指数連動のETFの場合で考えています。

個別株はその銘柄が将来的に上がり続ける可能性があれば投資してもいいと思いますが、難しいです。

一括購入

一括購入は、例えば手持ち資金が50万円あるとしてこれを今一気に購入することです。

結論は今現在は私ならしません。

数ヶ月前の下落相場から比較的戻したところならやっていたかもしれませんが、今のガンガン高値を更新している状況では一括購入はしません。

ここ数年をみると私の感想ですかそれなりのペースで大きな調整があり割安なタイミングで買うタイミングは比較的あるように感じます。

米国株は歴史的に上がり続けていて、今高値を更新していてもさらに上がる可能性はないことはないです。

ただ、これは短期投資の考え方と同じで将来のお金が増えている可能性を上げたいのであれば、不確実性にはかけないことをおすすめします。

そのために分散投資があると考えています。

まとめ

今回は米国株を今現在買うべきかどうかについて考察していきました。

この記事で書いていることは比較的どの相場でも当てはまると思います。

ただ、これはあくまで私の資産状況、資産スタイルの場合ですので実際にご自身の資産状況、投資スタイル、性格などを合わせて考え、自己責任でお願いします。

Think by yourselfです。

それではまた。